施工状況ブログ「諏訪建設の家づくり」

~木造注文住宅・高気密・高断熱住宅・ログハウス・リフォーム~
MENU
I様邸(木造注文住宅/佐渡)

木の醍醐味が感じられるポスト&ビーム工法の家

160318_01.jpg


窓は、マービン社製の輸入建具、表がアルミ、内側が木製です。窓から金北山が眺められるようにと、窓台を低くし、ボウウインドウにしています。シャッターは木製のオーバースライダーを用い、建物の一体感を高める設計になっています。ここはかつて田んぼだったところなので、地盤を安定させるために、2mの表層改良し、地盤改良工事を行ないました。

耐震は等級3、断熱は等級4
でそれぞれ木造建築の最高ランク。さらに、ペレットストーブを設置し、じんわりとした温もりの感じられる家です。屋根はグラスファイバーシングルで、柱と梁は真壁工法。屋根なりの勾配のある居住空間は、木の温もりと家の存在感をたっぷりと感じることができます。柱に使う木材は21cm角。ホゾ加工をしますが、太いので取り扱いが大変、職人の技と経験が求められます。

建築途中の状況はこちら >>




160318_02.jpg
160318_03.jpg


1Fは車庫と玄関、2Fが1LDKで15坪の住居と玄関で、
2Fのデッキは、幅2000/長さ約11m。
外壁吹き付けはジョリパット、木部はお客様のセルフビルド塗装で、5度塗りの力作です。
(部材は、レッドシダーを使用し、木部専用塗料(WPS)で仕上げています。)


160318_04.jpg

160318_05.jpg



2Fのデッキ下の柱脚金物には、オリジナル柱脚金具「水ぬけ君Ⅱ」を使用しています。
金物の底部が抜けているので水が溜まらず、木材を長持ちさせることができます。


160318_06.jpg


160318_07.jpg

お施主様支給のトクラスのオープンキッチンに立ち上がりの壁のガラスブロックがよく合います。
床は鉄刀木・無垢、壁・天井は杉板で仕上げました。

160318_08.jpg


天窓を設置し、開放的なウッディライフが楽しめるように仕上げています。
天窓脇の滑車で吊り上げられているのは渡り廊下で、降ろすとその先の物置に行くことができます。



160318_09.jpg


癒しの炎とクリーンな暖房で環境対応型の木質ペレットストーブを設置。
ペレットストーブの後ろの木材ははサーモウッドを使用(200℃以上の高熱で乾燥)。


建築途中の状況はこちら >>


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suwaken.blog102.fc2.com/tb.php/82-7acc8645
該当の記事は見つかりませんでした。