施工状況ブログ「諏訪建設の家づくり」

~木造注文住宅・高気密・高断熱住宅・ログハウス・リフォーム~
MENU
お知らせ

5年先の標準化・省エネ住宅の構造をお見せします。

5年先の標準化・省エネ住宅の構造をお見せします。 
10月26日〜月31日(土)の6日間。

20151019.jpg



これからの住宅は、2020年の長期優良住宅標準基準(※1)、
価値を先取りした住宅現場をご案内します。

住宅は、あと5年で全ての新築住宅は省エネ適合が義務化
諏訪建設は、時代の先取りをすべく省エネ適合住宅の標準化を図っています。
私たちは、「耐震は等級3・断熱は等級4」の住宅標準化を図っています。

諏訪建設の住宅のポイント
・2020年省エネ化適合住宅の標準仕様(断熱等級4)
・最高ランクによる建築物の長寿命化(耐震等級3)
・職人の技術伝承と育成(職人の確保と技の伝承)


お電話でお問い合わせ・お申し込み下さい。
現場をご案内いたします。

0254-27-6213 (9:00〜16:00)




※1
 2020年の長期優良住宅標準基準

【耐震性】
・極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を図るため、損傷のレベルの低減を図ること。
・耐震等級2以上

【省エネルギー性】
・必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること。
・断熱性能等級4以上

【維持管理・更新の容易性】
・構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)を容易に行うために必要な措置が講じられていること。
・維持管理対策等級3相当

【劣化対策】
・数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること。
・劣化対策等級3相当に加えて、床下及び小屋裏の点検口設置、また床下空間に330mm以上の有効高さを確保 

【住戸面積】
・良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。75m2以上(2人世帯の一般型誘導居住面積水準)
  ※少なくとも1の階の床面積が40m2以上
  ※地域の実情に応じて引上げ、引下げを可能とする。ただし、55m2を下限とする。

【バリアフリー性】
・戸建ては適用なし

【可変性】
・戸建ては適用なし






スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。